保育士の求人情報について

保育士とは、養成課程のある学校でカリキュラムを修了するか、毎年行われる試験に合格した人のみが名乗ることのできる名称独占の国家資格です。


若い女性の多い職業ですが、近年は保護者側としても男性保育士がいたほうがよいという声もあり、増加傾向にあります。



主な仕事内容は、保育園で保育の担い手として働くというものです。保育園は正式には保育所といい、保育に欠ける子どもを保護者に代わって預かり、生活させていく場所です。

あまり知られておりませんが福祉施設であり、入所には各自治体の定める条件をクリアしなければいけません。

そこで働く保育士は、赤ちゃんクラスの場合はミルクをあげたりオムツを替えたりといったお世話、幼児クラスではそれに各種遊びの時間、散歩の時間などがあり、各園によってほかに特色あるカリキュラムが組まれていることがほとんどです。

たとえば、千葉県の保育士の求人も数多く出回っています。

一日中園児の安全と健康を見守りながら、他方では保護者の相談に乗ったり、各種事務仕事も行うなど多忙な仕事内容になりますが、もっとも求人情報があり、メジャーな働き方です。



保育所の求人情報は、各種雑誌や情報サイト、ハローワークに多数出ており、近年では特に保育士人材バンクや専門の転職サイトでの求人が増えてきています。

保育所以外での働き方としては、レジャー施設や医療施設などで来客の託児所で働く、放課後児童クラブすなわち学童保育で小学生を放課後預かる仕事などがあります。
これらの求人は比較的少ないため、こまめな情報収集が必要になります。