樹脂ブッシュで機械にかかる負担を減らす

ブッシュとは機械の部品の一つで、部品と部品の隙間を埋めて機械の動きを滑らかにしたり、緩衝材としての役割を持っています。

樹脂ブッシュ情報は初心者にも分かりやすいです。

かつては金属製でしたが、現在では樹脂を使って作られたものが多く使われています。

それを樹脂ブッシュと呼びます。

金属製のブッシュは摩擦熱で劣化が激しく、細かい交換が必要でした。



また正確な寸法が必要なため一つ一つ特注しなければならなかったのでコストもかかりました。

樹脂ブッシュが登場すると様々な問題が解決しました。

まず柔らかい素材でできているので、同じものでいろいろな場所に使用することができます。



摩擦による劣化にも強く金属製よりも軽いので機会にかかる負担が軽くなりました。

樹脂ブッシュ自体の寿命も長いので、長期間交換が必要ありません。
そのため機械の稼働率が向上し、生産性も大きくアップしました。

特に機械の調整をしなくても金属製から樹脂製に切り替えることができるので、その手軽さも注目されているポイントです。

金属製のブッシュの場合、潤滑油を用いて摩擦抵抗を減らす必要がありました。


そのため毎日メンテナンスを行わなければならず、潤滑油が固まってしまって機械が止まってしまうなどのトラブルもありました。樹脂ブッシュに変更すると潤滑油が不要になり、それに伴うメンテナンスも不要になりました。

実際樹脂ブッシュの売りの一つにメンテナンスフリーという要素があり、その分稼働する時間が長くなり、効率よく生産が行えるようになりました。