保育士の求人数は増えている

保育士は現在、大変人材が不足しているため、求人数が増えています。

出産後、女性が働くには保育所に子どもを預ける必要があるためです。

女性の社会進出は目覚ましく、出産のために一度は家庭に入っても、また、働き出す女性もいます。正社員としてではなくパートとして働く方もいますが、働き方に関わらず、子どもを預けないと働くことはできません。
そのため、保育所に預けたいと考える女性は多く、保育所の数が足りなくなっています。

よって、保育所を増やすという流れになっていますが、保育所を増やしても、そこで働く保育士がいなければ保育所は運営できません。
よって、求人の数が増えているのです。



求人に対して応募する方がそれほどいないというところも多く、保育所で働きたい方にとって、かなり有利な条件で働くことのできるところもあります。



また、現在、待遇の見直しも叫ばれている職種です。
低所得では働いてくれる人が見つからないため、保育士の所得を増やそうとする自治体の動きが見られるところもあります。


よって、これからかなり良い条件で働ける場所が増えていくことが予想できます。



子どもの数が減ってはいても、共働きしなければ生活できない家庭は大変増えています。

正社員で雇用されれば良いのですが、今は契約社員で雇用されるケースも多いため、世帯の収入が減っているのです。

そのような状況下、子どもの預け先に困っている家庭は多く、これからも保育士は必要とされる職種でしょう。