ピンヘッダの形状変化

最近の部品に関しては多くの機構部分の変更により、ピンヘッダについても変化がある技術分野になります。

ピンヘッダに関する情報を公開しているサイトです。

特に電子部材や機構部品を実装していく上で、これまで以上にケアしていかなくてはならない点が、入出力インターフェースの性能が向上してきたことにより、数多くの電子機器に接続が可能となりました。
入出力機器が増えることによって、各素子における端子の数もどんどんと増加してきており、ピンヘッダについてもこれまで以上に鮮明にクリアな情報が求められています。



十年以上前の部品に関しては、各ピンのピッチは数ミリ以上のピッチがあったため、半田実装においても実装の難易度は低かったのですが、現在では1ミリ以下のピッチは数多く出てきたため、実装時にはブリッジ故障や半田のもれなども気を付ける必要があります。

特にこうした作業をこれからは機械が実装していくことになるため、情報をしっかりとインプットし、より正確なピンヘッダのインフォメーションをコンパイラに読み込ませる必要があります。



現在では実装の前に、シミュレーションを行い、仮想的に回路を作成して、設計ミスがないかどうかや、特性がきっちりと出ているかどうかの検証作業も行うようになりました。
検証ツールもかいがいを中心に優れたものをリリースしてきていますので、設計の段階で完成度の高いものができるようになります。

さらに、多くの製品を量産するにあたっても、短期間での開発が可能になります。

初心者向きピンヘッダ

ピンヘッダとはプリント基板に実装する端子類の総称のことです。ピンヘッダにはピンとソケットがあり、差し込みタイプと表面実装タイプがあります。...

more

難しくない樹脂ブッシュ

樹脂ブッシュは現在日本にある様々な会社から、用途や目的に応じた数多くの商品が開発、販売されています。その中の一つが、ポリアセタールと呼ばれる特殊素材を用いた商品です。...

more

樹脂ブッシュ関係の真実

そもそもブッシュとは、軸や筒状の部材などにはめ込み、隙間を埋めたり緩衝に用いる、円筒型やドーナツ型をした機構部品のことです。素材はナイロン、テフロン、ジュラコン、ラバー、セラミック、金属、樹脂などで、用途に合わせて様々なサイズや形状が揃っています。...

more

樹脂ブッシュの基本知識

ブッシュとは機械の部品の一つで、部品と部品の隙間を埋めて機械の動きを滑らかにしたり、緩衝材としての役割を持っています。かつては金属製でしたが、現在では樹脂を使って作られたものが多く使われています。...

more